ホワイトニング

ホワイトニングは、このような方におすすめです

【医療・セルフ・サロン】各ホワイトニングができること

【医療・セルフ・サロン】各ホワイトイングができること

歯の黄ばみや着色には大きくわけて「内因性着色」と「外因性着色」の2種類があります。ワインやコーヒー、タバコによる着色は、歯の表面に汚れが付着している「外因性着色」。セルフホワイトニングやサロンホワイトニング、歯石の除去などで改善できます。 一方、つめ物やかぶせ物の金属が溶けだして黒くなった歯の着色や、加齢による黄ばみは「内因性着色」のため、歯科医院で行うホワイトニングしか改善することができません。 なお、差し歯など人工の歯の着色は、歯科医院で行うホワイトニング方法でも白くすることはできません。ご希望の場合は、オールセラミックやジルコニアなどの審美治療をご提案しております。 (※審美治療については、こちらをご覧ください)

医療・セルフ・サロンホワイトニングの特徴

ホワイトニングとして有名な、セルフホワイトニングとサロンホワイトニング、当院で取り扱う歯科医院で行うホワイトニングの違いを詳しく解説します。

  歯科医院で行うホワイトニング セルフホワイトニング サロンホワイトニング
概要
  • 医療機関しか扱えない薬剤を使用するので、歯の内側もホワイトニングができる
  • ホワイトニングの効果が長い
  • ホワイトニングの即効性が高い
  • 1回の治療費が高いものの、年間で考えるとお手頃なホワイトニング
  • 自宅で気軽にできる
  • ホワイトニングの費用が手頃
  • 継続することでホワイトニング効果を実感できる
  • ホワイトニングをやめるとすぐに色が戻る
  • 施術による痛みがほぼない
  • 専用の機械を購入しないでもホワイトニングができる
  • 通う手間がかかる
  • 通い続けないと効果が維持できない
  • 片づける手間がない
  • ホワイトニング費用が高い
主なホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング
  • ホワイトニング専用の歯磨き粉
  • ホワイトニング専用のマウスウォッシュ
  • 光照射ができる専用の機械
  • 歯の表面に塗るマニキュア など
  • 光照射ができる専用の機械
メリット
  • オフィスホワイトニングは1回でも効果を実感できる
  • ホームホワイトニングは効果の持続性が6ヵ月~1年と長い
  • 本来の明るさよりも歯を白くできる
  • 歯科衛生士が施術、または歯科医師が処方するので安全性が高い
  • 自宅で手軽にできる
  • ホワイトニングの費用が安い
  • 専用のキッドを購入しないでもホワイトニングができる
  • 民間のサロンなので仕切りが低く、気軽に行ける
デメリット
  • 1回あたりのホワイトニング費用が高い
  • ホワイトニング剤の塗りすぎや、歯茎
  • 唇に付くと痛みを感じる場合がある
  • 眼の手術(レーシック
  • 白内障)、顔の肌の治療(ピーリング)を受けてから
  • 抗生物質が理由で着色した歯に対しては、ホワイトニングができない場合がある
  • ある程度継続しないとホワイトニング効果を実感できない
  • 歯の内側の黄ばみや着色は改善できない
  • ホワイトニングをやめると、すぐに色が戻る
  • 本来の歯の明るさまでしか白くできない
  • サロンでも自分で施術を行わなければいけない
  • 即効性がなく、継続しないと効果を見込めない
  • 通うことをやめるとすぐに色が戻る
  • 通う手間がかかる
  • もともとの歯の色よりも白くすることはできない
1回あたりの費用 19,250円(税込)~25,300円(税込) 880円(税込)~22,000円(税込) 11,000円(税込)~33,000円(税込)
1年間あたりの費用(概算) 19,250円(税込)~44,000円(税込) 5,500円(税込)~33,000円(税込) 55,000円(税込)~165,000円(税込)
手軽さ
ホームホワイトニングは、自宅で好きな時間にホワイトニングができる

ホワイトニング剤が安いので、はじめやすい

  • サロンに通いつづけなければいけない
施術期間

  • ホームホワイトニング:1週間~2週間
  • オフィスホワイトニング:1回~3回の治療

継続しないとホワイトニング効果が見込めない(無期限)

継続しないとホワイトニング効果が見込めない(期限)
効果実感までの期間

  • オフィスホワイトニング:1回の治療で効果を実感できる
  • ホームホワイトニング: 1~2週間で効果を感じることができる

ホワイトニング前の歯の色にもよって異なるが、10~14日程度継続すると実感できる

ホワイトニング前の歯の色にもよって異なるが、10~14日程度継続すると実感できる
効果の持続性

  • ホームホワイトニング:6ヵ月~1年間とかなり長期間効果を維持することができる
  • オフィスホワイトニング:3ヵ月~6ヵ月

  • 継続しないとホワイトニング効果を持続することができない

  • 継続しないとホワイトニング効果を持続することができない

ホワイトニングにおける当院の特徴

1デンタルコーディネーターが在籍

デンタルコーディネーター

日本人は黄色人種なので、芸能人のような真っ白い歯よりも少し黄色味のある歯の方が、白くて美しいお肌に見せることができます。 デンタルコーディネーターが患者様のイメージをお伺いしながら、治療前の歯の状態を踏まえ、患者様に適切なホワイトニングの種類や治療回数をご提案させていただきます。その他、施術時の注意点やアフターケアなども丁寧にお応えさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

2厚生労働省認可のホワイトニング剤を使用

国内外さまざまなホワイトニング剤がありますが、当院では効果と安全性の両方を実現できる、国内メーカーGC社製の厚生労働省認可「Tion(ティオン)」のホワイトニングジェルを採用しております。

3術前の充実のクリーニングとアフターケア

3:術前の充実のクリーニングとアフターケア

せっかくホワイトニングをしても、歯の表面に汚れや細菌膜が付着した状態では、十分な効果を見込めません。当院では、ホワイトニングの施術前に丁寧に歯のクリーニングをします。また、虫歯や歯周病があると痛みを感じてしまうので、必要があれば事前処置を行います。 ホワイトニングの治療後は、食事や飲み物、セルフケアなど、ホワイトニングをより効果的に実感していただくための気をつけるポイントを、お伝えします。その他定期的な歯のクリーニングを行うなど、アフターケアも充実しています。

4セレックを併用したコンビネーション治療

ホワイトニングで歯をきれいにしたら、昔治療をした差し歯が気になる・・・という方には、審美治療をご用意しております。
当院では、手頃な価格かつ短期間でセラミック治療が実現できるセレックを導入しておりますので、「劣化したブリッジ」「金属による歯の変色」「目立つ銀歯」などを白くて審美性の高い素材に変えたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

当院で取り扱うホワイトニングの種類

当院では、「ホームホワイトニング」、「オフィスホワイトニング」、「デュアルホワイトニング」の3種類の歯科医院で行うホワイトニングを取り扱っています。

  ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
施術 患者様 歯科衛生士
通院回数
1・2回

1・2回
施術時間 1日 2時間~4時間 1回 2時間
治療期間
1~4週間

1日~3日
即効性
1~2週間

1回の施術でも効果を実感できる
持続性
6ヵ月~1年間

3ヵ月~6ヵ月間
痛み
ほぼない

ホワイトニングジェルを塗りすぎたり、歯茎に付くと痛みを感じる場合がある
費用 上下の歯(マウスピース製作費用含 )
27,500円(税込)
上または下の歯(マウスピース製作費用含 )
20,900円(税込)
追加ホワイトニングジェル:2,480円(税込)/本
4,950円(税込)/2本
5歯:27,500円(税込)~12歯:33,000円(税込)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

専用のジェルを塗布したマウスピースを、1日2時間程度装着して施術を行うホームホワイトニングは、通院の必要がなく、自宅でいつでもホワイトニングができるのが特徴です。 また、ホワイトニング前の歯の色によって、また、ご希望の明るさによって異なりますが、ホームホワイトニングは6ヵ月~1年間もの長期間ホワイトニング効果を維持することが可能。そしてホワイトニングジェルを追加して施術期間を延長すれば、さらに長期間ホワイトニング効果を維持こともできるのです。 なお、オフィスホワイトニングで使用する薬剤よりもマイルドな薬剤を使用するため、効果を実感するまでに2週間程かかりますが、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのデメリット

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングで使用する薬剤は、ホワイトニング効果が高く歯に塗りすぎたり、唇や歯茎に付くと痛みを感じる場合があるため、歯科衛生士が丁寧に施術を行います。 ホワイトニングをする前の歯の状態や本来の歯の色、治療後のイメージ(希望の明るさ)などによっても異なりますが、オフィスホワイトニングは、1回の施術でもホワイトニング効果を実感できるほど即効性の高い治療です。結婚式やパーティーなどの特別な日に合わせて、白くてきれいな歯をご希望の方におすすめのホワイトニング治療です。

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングのデメリット

デュアルホワイトニング

せっかくホワイトニングをするならば、即効性も持続性も実現したいという方には、デュアルホワイトニングがおすすめです。半年から1年ほど効果が持続するホームホワイトニングと、1回の治療でも効果を実感で即効性の高いオフィスホワイトニングを組み合わせるので、どちらのメリットも実現できるのです。

デュアルホワイトニングのメリット

デュアルホワイトニングのデメリット

ホワイトニングの流れ

ご自宅で施術を行うホームホワイトニングと、院内で歯科衛生士が施術をするオフィスホワイトニングの2種類の流れをご説明します。

ホームホワイトニングの流れ

施術前のチェックと事前処理

1施術前のチェックと事前処理

虫歯や歯周病があるとホワイトニングジェルがしみて痛みを感じる場合があります。そのため、事前に口腔内を確認して、必要な場合は処置を行います。 また、歯の表面に汚れがあるとホワイトニング効果が半減してしまうので、歯垢や歯石の除去をしてきれいな状態でホワイトニング治療できるよう準備を整えます。

マウスピース作製

2マウスピース作製

歯型を採って、患者様専用のマウスピースをお作りします。

ホワイトニング開始

3ホワイトニング開始

歯型の採取から1週間程度で、マウスピースが完成します。 その後、実際のマウスピースを使って、ホワイトニングジェルの塗布やマウスピースの脱着方法をお伝えします。 ご帰宅後治療計画に基づき指定の期間は、ホワイトニングを続けてください。なお、1日2時間以上のマウスピースを装着しないと、十分な効果を期待できない場合があります。歯科医師または歯科衛生士の指示に従って施術を行ってください。 なお、マウスピースを取り外す時は、タオルを引いた上や水を張った洗面台の上で取り外すなど、落として破損しないように注意をしてください。 また、使用したマウスピースは、歯ブラシと水またはぬるま湯で丁寧に洗い、破損を防止するために、専用のケースで保管してください。

4検診・クリーニング

治療開始1週間から10日後に通院をしていただき、経過観察と歯のクリーニングを行います。

オフィスホワイトニングの流れ

歯のチェックとクリーニング

1歯のチェックとクリーニング

歯の表面が汚れていると、十分なホワイトニング効果を期待できません。当院では、ホワイトニングを行う前に必ず歯垢と歯石の除去を行います。また、虫歯や歯周病があると薬剤が染みることがあるので、歯のチェックを行い、治療が必要な際は事前に処置をします。

2ホワイトニング開始

ホワイトニング剤がつかないように、唇と舌を保護するプロテクターを装着した上で、歯科衛生士が患者様の歯の表面に薬剤を塗布します。

ライトの照射

3ライトの照射

6分間ライトを照射して、ホワイトニング剤を歯に浸透させ、その後、ホワイトニング剤を拭き取ります。 1回あたりのオフィスホワイトニングは、この工程を3回くり返し行います。

4色の確認

歯の表面を磨き、仕上がりを確認していただきます。

5フッ素の塗布

歯の強化と再石灰化を促進するフッ素を塗ってオフィスホワイトニングの治療は終了です。

ホワイトニングの費用

ホームホワイトニング
上and下の歯(マウスピース費用込) 27,500円(税込)
上or下の歯(マウスピース費用込) 20,900円(税込)
ホワイトニングジェル追加費用 2,480円(税込)/本
4,950円(税込)/2本
オフィスホワイトニング
5歯~12歯 27,500円(税込)~33,000円(税込)
デュアルホワイトニング
一式 55,000円(税込)