デリック歯科
HOME > ドクター紹介

ドクター紹介


| 安達 雄大 | 野村 昌史 | 松下 矩大 | 粟野 淳之介 | ドクターブログ |


安達 雄大

歯科医師
安達 雄大 Yudai Adachi

 
北海道医療大学卒
やぎ座
趣味:日ハムの応援(野球観戦)


一生自分の歯で食事を楽しむことができるように歯を守っていきます

こんにちは!
デリック歯科 歯科医師の安達 雄大です。
私はH27年11月から勤務しています。

私の両親は厳しく、小さい時から甘い物を制限され、歯磨きも泣きながらしてもらっていたような
幼少期を過ごしてきました。そのおかげか、今は虫歯もなく、
今までも小さいむし歯1本しか治療したことがありません。

そんな私に歯でお困りの患者様の気持ちはわからない、と思うかもしれません。
でも、それは違います。

私は4人兄弟の末っ子です。兄弟げんかをしては、負け、泣いて祖母に
慰めてもらう毎日を送っていました。

そんなやさしい祖母は、歯に悩みを抱えていて、一緒に食事をする際も、
これは固くて食べられない、と食べ物を選んで食べているようでした。
食べたい物を食べる、というよりは、食べられる物を食べる、という
妥協をして食事をしているように私の目には映りました。

そこで、歯が悪いということは、生まれた日から毎日行う「食べる」ということを
制限され、楽しめなくなっていまうことなのだと、悲しくなったのを今でも覚えています。

そういう方を少しでも減らし、一生自分の歯で食事を楽しむことができるように、
歯科医師として、歯を守っていく事で人々の健康寿命を延ばし、生活を豊かにすることを
仕事にしたいと思いました。

これが私が歯科医師になった理由です。

デリック歯科では、執行院長に毎日、指導を仰ぎ、日々精進しています。
予防をコンセプトに診療をしており、私の歯科医師としての理想が叶うと
感じ、ここで働きたいと思いました。

みなさんの歯を守っていきたいと思っています。
宜しくお願い致します。


野村 昌史

歯科医師
野村 昌史 Masafumi Nomura


東京歯科大学卒
魚座
趣味:スポーツ全般・ダーツ・読書


常に学びを怠らず、仕事の奥深さを感じ沢山の患者さまと接し診療していきます

こんにちは。歯科医師の野村昌史です。
H28年5月より、デリック歯科で勤務しています。
こちらにお世話になる前は帯広の歯科医院で5年間働いておりました。

幼少期より医学の道に進みたいという気持ちがあり、さらに、父が歯科医師であったため、
歯医者の大学に入学しました。歯医者の世界は自分が想像していたよりも深く、大学を卒業してからの方が
勉強しなくてならないことがたくさんあります。
これからも患者様のためになることを1つでも多く学んで、皆様に還元していきたいと思っております。

また、帯広では入れ歯の治療、虫歯治療、抜歯などの一般診療やインプラント治療も行っておりましたが、
訪問診療にも力を入れていました。同じ博和会の札幌プロケア歯科クリニックで
訪問歯科医師としても勤務しておりますので、ご家族でお困りの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ声をかけてください。

皆様の健口(けんこう)をサポートしていきます。
よろしくお願いします。


松下 矩大

歯科医師
松下 矩大 Norio Matsushita

 



健康な身体の第一歩として、お口の中から健康を目指してみませんか?

こんにちは
歯科医師の松下と申します。
平成29年4月より分院のときわプロケア歯科クリニックで勤務させていただき、
この度デリック歯科にも勤務することになりました。

突然ですが、皆様は「風邪は万病の元」ということわざはご存知ですか?
私は歯学を学んだ結果、それは「口のトラブルは万病の元」ということわざに置き換わっていました。
口の中はあなどってはいけないという意味です。
しかし、それは冗談でも過言でもなくお口の健康と病気には深い関わりがあると言われています。

皆様の身体を本当に守れるのは皆様自身です。
まずは健康な身体の第一歩として、お口の中から健康を目指してみませんか?
どんな些細な悩みや不安でも相談にいらして下さい。
温かいスタッフが迎えいれてくれます。
私もスタッフの一人として相談してよかったと思われるよう精一杯努力します。

まだまだ未熟者ですが、皆様への心遣いを第一に痛みのない治療を心がけてまいります。
少しでも皆様のお役に立つことができれば幸いです。


粟野 淳之介

歯科医師
粟野 淳之介 Jyunnnosuke Awano

 



地域の健康のため、私も全力でサポートさせて下さい!

こんにちは、デリック歯科 歯科医師の粟野淳之介です。

私は平成30年11月から勤務しています。

私の生まれは平取町という人口6000人前後の小さな町で、
自然に囲まれて育ちました。
小さい頃に虫歯が二本できてしまい、治療を受けたときに
麻酔が怖くて泣いたことを覚えています。
一度歯を削るともう同じ歯ではなくなるとその時に理解し、
怖く感じていました。

現在日本の平均寿命は80歳を超えています。歯の健康を維持し、
楽しく食事や会話をすることが私たちの幸せにつながっていくと思います。

地域の健康のため、私も全力でサポートさせて下さい、よろしくお願いします。