小児歯科

マイナス1歳からできる虫歯予防・・・
お子様の虫歯予防は産まれる前から始まっています

妊婦さんの歯科健診をおすすめしています
乳歯が生え始める時期から永久歯の歯並びが完成するまで
親御様と一緒にお子様の歯育🦷を目指していきます

診療内容

治療練習

治療練習

歯医者は大人でも怖いですよね 当院では初めから無理な治療はせず歯科に恐怖心を
もたないよう少しずつ器具に慣れてもらってから
治療を進めていきますので、
初めての歯科医院デビューもお任せください ※外傷の場合は、当院で応急処置をおこなった後に口腔外科専門医に紹介することもございます

虫歯治療

お子様の年齢・理解度・状態に合わせた治療をおこなっています
乳歯のむし歯は進行が速いので早期発見・治療が大切です
出来る限り「削らない」「痛くない」治療をモットーにしております
※虫歯が大きく痛みがある場合は親御様の手を借りながら固定して治療することもあります

歯並び・プレオルソで初期の予防矯正

歯並び・プレオルソで初期の予防矯正

プレオルソとは・・・
混合歯列期の5歳~10歳が対象で、装置を装着することで
本来の正しい口腔周囲の筋肉を 動かす習慣を身につけ顎の成長を
サポートする装置になります そのため、ワイヤーを使う本格矯正治療と違い
歯を直接動かすのではなく顎の成長を促進させた結果
永久歯が萌出するスペースを確保することができるため
歯並びがよくなるという矯正治療です ・ポカン口 口唇閉鎖不全検査・対策 口唇閉鎖不全症を防ぐ為に幼少期の発達時期から口輪筋を中心とした
表情筋を鍛えることのできるトレーニング器具です ・矯正相談もおこなっています 気になることがあれば何でもご相談ください

歯並び・プレオルソで初期の予防矯正
歯並び・プレオルソで初期の予防矯正

予防

予防

歯科衛生士による親子一緒に歯ブラシ練習♪ →お子様の口腔内に合わせたセルフケア用品を提案 フッ素塗布 →生えたての歯のエナメル質は未熟で虫歯に
なりやすい傾向にあります
フッ素には、エナメル質を強くする作用があるため
生えたばかりの乳歯の虫歯予防に有効です
頻度は3か月に1回程度が適切です シーラント →奥歯の噛む面の溝は、汚れが溜まりやすく虫歯になりやすい部分です
シーラントは、虫歯になりやすい溝を専用の材料で
予防的に埋める処置のことです
乳歯の奥歯が生えてくる3〜4歳、永久歯が生えてくる5〜12歳にシーラントをおこないましょう

定期健診

定期健診

虫歯だけではなく歯肉・歯並び・粘膜の異常を
定期的な検診で早期発見 楽しく通えるようお子様とのコミュニケーションも
大切にしています☺ 優しい歯科衛生士と歯科医師が待ってます♪

1歳6か月・3歳 お家でもできる
チェックポイント

①歯は生えていますか??

→1歳6か月では上下それぞれ6~8本くらいが平均的ですが、個人差があります
3歳では上下20本すべての乳歯が生えていることが多いですが
生えている数には個人差があります

②歯の表面にヌルヌルした白い汚れがついている

→むし歯の原因になるプラークです。しっかり磨くと歯ブラシでとれます

③歯が一部白くなっているところはないですか??

→歯石、または初期のむし歯が原因の場合があります
見分けが難しいため歯科医師にご相談ください

④歯が欠けている

→むし歯で歯が欠けることがあります
乳歯のむし歯進行は早いです
授乳・哺乳瓶で甘い飲料を飲んでいる場合は要注意です
3歳ではラムネやグミ、ジュースなどを頻回に
摂取している場合は特に気をつけてください